Sierからの脱却

【Sierから転職】客先常駐SEから自社開発の会社へ転職する方法

こんにちは、中小Sierで12年間働いていた、しいたけです。

中小規模のSierだと、基本的には客先常駐でお客さん先で仕事が多いですよね。

そして、客先常駐ってツライですよね。プロパーに気を使うし、納期が厳しいし。。

案件が終わると別の案件の対応で「人」も「場所」も変わりなかなか落ち着けません。

僕も就職した会社が客先常駐の会社だったのでしんどかったです。

新卒で就職して2日目には自社では別の会社で働き始めましたし。。。

常駐した初日に上司からは「この会社辞めて、早く転職したほうがいいよ!」と言われ、「初日に新入社員にかける言葉かよ!?」と思った記憶があります。

デスマーチのプロジェクトへ行かされたり、スポットで2か月だけの常駐で次のところへ行き、また別のところで作業と。。。

短期間で問題を解決する力はつきますが、気持ちも体も疲れ切ってしまいます。

客先常駐の会社から自社開発の会社に転職すれば、そんなストレスも軽減されます。

この記事では、そんな自社開発の会社に転職する方法を紹介していきます。

読んでいただければ、自社内開発の会社どんなところか、どうやって転職するのか、客先常駐の退職する方法が分かると思います。

自社内開発の会社とはどんなところか?

自社製品のアプリやサービスを社内で開発する会社です。

Webサービスやスマホアプリ、ゲーム、パッケージソフトなどを開発して販売している企業です。

具体的には服の販売をしているZOZO、ニュース配信のアプリを提供しているグノシー、会計ソフトの勘定奉行を作っているオービックとかです。

ただ、オービックのような企業向けのシステムの場合は、顧客毎にシステムをカスタマイズしたり、納品したりするので、まったく客先に行かないというわけではありません。

業務として、どんなことをやるかというと、自社内で企画、設計、製造、テスト、リリース作業を行います。

やっていることは客先常駐でやっていることと差異はないと思います。

ただ、客先常駐の場合は製造、テストが多いかと思いますが、自社内開発だと、企画の段階から参加できるのは魅力です。

あと、客先に行くことが少ないので服装自由なところが多いです。

僕の会社も服装自由なので、ジーパンやTシャツと楽な格好で仕事をしています。

客先常駐と自社開発の違いは?

客先であろうと、自社であろうと、開発するものはシステムです。

なので、開発のプロセスが変わるということはありません。

違うのは立場です。

客先常駐だと仕事をする人は「同僚」ではなく「客」になります。

お金を払って、雇っているという感覚になるので、厳しい目で見られます。

常駐先にもよると思いますが、部外者扱いされることも。もちろん、中には分け隔てなく接してくれる人も多いです!

なので、大きな違いとしては「人間関係のストレス」だと思っています。

自社開発の方がストレスは少ない!

あとは、先ほどもちょっと書きましたが、プロジェクトの工程でも上流の企画から入れるので楽しいと思います。

客先常駐だと、基本的には製造やテストの応援としていくことが多いので、企画や設計に入れることは少ないので。

どうやったら自社開発の会社に転職できるのか?

手っ取り早いのは、転職エージェントに登録して、自社開発を行っている会社を紹介してもらうことです。

マイナビエージェントリクルートエージェントはIT出身者のエージェントが対応してくれるので話も通じやすいです。

僕が転職した時も自社開発ができて、上流工程から入れる会社で探してもらいました!

結果的にも、該当する会社に転職できました。

少しぶっちゃけた話をすると、転職前はSESで年収400万円でしたが、自社開発の会社に転職した後の年収は550万円と大幅に上がりました。

SESのときは月単価が60万円なところ、転職後は120万円だから払える給料の違いが出るのだと。。。

同じ人間でやっている作業もそこまで変わらないのに不思議です。。

ちょっと脱線しましたが、転職エージェントを利用したほうが調べる手間も省けますし、おすすめです。

はじめての転職なら、市場の動向や書類の添削、面接のアドバイスもしてもらえるので良いです!

また個人的には、条件としてマイクロソフトのように自社パッケージを持っていて、かつ、独占している会社か、ニトリのような事業会社で自社のECサイトなどを持っている会社が良いと思っています。

自社パッケージや自社のECサイトを扱っている会社は1度作ってしまえば、保守、運用になるので比較的負担が少ないです。

ITエンジニアの経験が数年あるならIT専門のレバテックキャリアがおすすめですし、女性の方ならパソナキャリアがおすすめできます。

1つのエージェントにこだわらず、複数登録して自分に合うエージェントと転職活動を進めるのが成功させる秘訣です。

退職はどうやって進めるのか?

僕の体験談ですが、退職の連絡は「担当営業」にしてしまいましたが、担当営業から僕の上司に伝わり、さらに上の上司、人事部に話がいきました。

本来は上司に伝えるのが正解です!ただし、上司が取り合ってくれないようであれば、会社の人事部に伝えましょう。

 

その後、開発と営業のトップに呼ばれて話し合いをしましたが、辞める意思は曲げませんでした。

営業のトップからは「顧客との契約が残っているんだけど、どうするつもりだ!!!」と意味不明な脅しを言われました。。。

常駐先には別の人材をアサインすればいい話で、退職することを会社が拒むことはできず、退職届を出せば2週間あれば辞めることができます。

なので、引き留めを言われても食い下がらないことが大事です!

まとめ

客先常駐が辛いと思っている方は自社開発の会社への転職を検討してみましょう。

昔よりも待遇は良くなっていると思いますが、ストレスが少なくなります。

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。