会社の口コミ

サイボウズってどんな会社?「未経験・第二新卒」歓迎の上場企業!

サイボウズってどんな会社?求人には未経験可、第二新卒もあるのかな?

そんな悩みを解決できる記事になっています。

結論としては、ポテンシャル採用という枠で業界・職種の経験に関わらず、新しいチャレンジをしたい方を募集しているので、未経験、第二新卒でも応募できます

ただ、どんな会社か分からないで応募することはリスクが高いです。

なので、この記事でサイボウズがどんな会社を紹介していきます。

実際、僕はIT業界で14年以上働いているので現場の生の声を聞くことができます。

サイボウズってどんな会社?

昔は離職率が最高28%とブラック企業の代表のような会社でしたが、ここ数年で働き方をガラッと変えてホワイト企業に変身した企業です。

働き方も「ワーク型」「ライフ重視型」「ワークライフバランス型」と仕事をガッツリやる、無理なくやるなどと選べるので自分に合わせた働き方ができる会社です。

事業戦略説明会の資料に基本ポリシー「100人100通りの働き方 徹底的に「個性」を活かす」とあるように自分に合った働き方ができるのは嬉しいところです。

転職のポイント

僕が色々なサイトを読んで感じたことからポイントなるところを紹介します。

サイボウズは数年で働き方がガラッと変わった会社です。

昔は離職率28%とブラック企業の代表的な会社な印象が強かったですが今は「ホワイト企業」のイメージが強いです。

グループウェアの販売・構築・運用を行っている会社で国内ではシェアNo.1です。

転職のポイントを簡単にまとめると、

  • 年収はちょっと高め
  • ブラック企業からホワイト企業に変身
  • 多様な働き方ができる
  • 上場企業では珍しく職種未経験可

といった感じです。

年収はどれくらい?

転職で大事なのは年収ですね。

34歳で年収は599万円前後になります。大手企業と比べてしまうと見劣りしてしまいますが、多くもらえているのではないでしょうか。

2014年 601万円(33.8歳・313人)
2015年 614万円(34.2歳・339人)
2016年 583万円(34.6歳・371人)
2017年 595万円(34.6歳・414人)
2018年 599万円(34.6歳・468人)

※(有価証券報告書調べ)

どんな職種があるのか?

「ビジネス職」「エンジニア職」「サポート職」の3つの職種が用意されています。

ビジネス職

営業、マーケティング、事業支援(人事、経理、法務)、システムコンサルティング

エンジニア職

インフラエンジニア、QAエンジニア(品質保証)、テクニカルライター(ドキュメント)

カスタマーサポート職

カスタマーサポート

エンジニア希望でしたらエンジニア職ビジネス職のシステムコンサルティングになります。

サイボウズは「サイボウズOffice」や「Garoon」、「kintone」などのパッケージのシステム導入なのでSierのようにガツガツ作るのではなく顧客に合わせた設定やカスタマイズがメインになります。

求人情報を読むと営業と同行などセールスエンジニアのような位置づけなのでモノづくりをしたい人よりも顧客に合わせたソリューションを提供したいと考える人の方が向いています。

一からシステムを構築するのではなくて、既にあるパッケージに対して顧客ごとにカスタマイズを行うので改良を得意にしている人は向いていると思います。

サイボウズに応募するならどうしたらいいか?

サイボウズに応募するなら転職エージェントを使ったほうが上手くいきます。

なぜなら、職務経歴書や面接のサポートが充実しているからです。

面接で質問される内容も教えてくれるので、研究してから面接にのぞめます!

具体的にはdoda(デューダ)マイナビエージェントは求人案件を載せていましたのでオススメです!

typeでは「職種未経験歓迎」として求人がありました。

環境が良い上場企業では珍しいので応募することをおススメします。

どんな人物をほしがっているのか?

応募するときに志望動機「何故サイボウズを志望するのか、サイボウズで何がしたいのか」を求められることもあり、「サイボウズ」でやりたいことがある人を求めています。

サイボウズはグループウェアの導入を行っている会社です。グループウェアは社内のコミュニケーションを円滑に行えるようにするためのもの。

「効果的なコミュニケーション」といったことに興味・意義を感じているならば、サイボウズが求めている人材でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「サイボウズ」のイメージが湧きましたでしょうか?参考にして転職活動を進めてもらえたら幸いです。

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。