第二新卒

第二新卒でITエンジニアに転職するには?大事なのはポテンシャル!

第二新卒で未経験だけど、ITエンジニアになりたい。どうしたらいいの?

こんな悩みを解決します。

第二新卒で未経験でもITエンジニアになることはできます。

転職するために必要なことは、会社を辞めないポテンシャルがあると採用担当者に思わせることが大事になります。

具体的には

  1. IT知識もありそうだし、今後、うちの会社で活躍してくれそう
  2. 前職はやりたいことと合わなかっただけ、うちの会社なら長く働いてくれそう

と思わせることです。

この2点を中心に、第二新卒で転職活動をした僕の経験も含めて説明していきますね。

第二新卒でITエンジニアに転職するには?

冒頭で書いたように会社を辞めないポテンシャルがある採用担当者に思わせることが大事です。

ただ、ITエンジニアはリモートワーク、服装自由など自由な働き方ができる職種であることから人気がある職種です。

なので、ライバルも多くなってきます。

ライバルに負けないアピールをするためにはどうしたらよいのか?

この点について、具体的に説明しますね。

会社を辞めないと思わせるにはどうしたらいい?

採用担当者に「この子は会社を辞めないな」と思わせるにはどうしたらいいのか?

その答えは、説得力のある

  1. 退職理由
  2. 志望動機

を作ることです。

分かりやすい言い方をすると

  1. なんで今の会社を辞めたいのか?
  2. なんでうちの会社に入りたいのか?

です。

採用担当者はこの2つの回答から会社を辞めないかどうかを判断します。

普通に考えてそうですよね。。

辞めたい理由と入りたい理由を知れば、採用担当者は応募者が会社にマッチするかが分かります

マッチする人材であれば長く働いてくれると考えます。

ただ、マッチするにしても伝え方が悪いと、面接で落ちる確率が上がります。

例えば、

現職は、残業が多いから辞めようと思っています。御社は残業が少ないと思い、入りたいと思いました。

ということを採用担当者に伝えたらアウトです。

ただ、同じ残業が多いでも説明の仕方次第で印象が大きく変わり、会社を辞めないと思わせることができます。

例えば、

子供が小さいため、定時くらいには帰らないと保育園のお迎えに間に合いません。現職では残業が多いため、保育園のお迎えが間に合わないことが多く、上司に話しても納得しても得ません。御社は業務効率化に成功していて、残業がほぼないということをホームページでしりました。私の希望とマッチしているので応募しました。

と言えば、採用担当者も納得して、応募者が辞めないと思ってくれます。

叶えたいこと、現状、叶えられない理由をしっかりと洗い出すことが大事です。

ポテンシャルがあると思わせるにはどうしたらいい?

採用担当者は何をもって、応募者がポテンシャルをもっているかどうかを判断するのでしょうか?

それはITに関わる会話でコミュニケーションがスムーズにとれるかどうかです。

スムーズにコミュニケーションが取れれば、ポテンシャルがあると思われ、そうでなければポテンシャルがないと思われます。

では、どうすればいいのか?

ポテンシャルがあると思わせるにはIT知識を身に付けて、採用担当者からどんなボールがきても打ち返せるようにしておくことが大事です。

といっても、IT知識を身に付けるにはどうしたらいいのか?と悩むかと思うので、方法を載せますね。

知識を身に付けるには、ITパスポート」を取ることをオススメします。

ITパスポートを勉強することで、基本的なIT知識をつけることができます。

この知識を持っていれば面接で困ることはないと思います。

実際、僕はITパスポートの前身の「初級システムアドミニストレータ」を大学時代に取得して、ITの基本的な知識を身に付けることができました。

就職での採用面接のときでも、困ることはありませんでした。

また、この資格を持っていれば、転職するときにIT知識があることを証明できるので余裕があったら取得してみましょう!

第二新卒でIT企業に転職するときの進め方は?

第二新卒だと、はじめての転職になるので転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントでは、

  • 職務経歴書、履歴書を添削
  • 面接のサポート
  • 面接日程の交渉

を行ってくれるので、転職サイトに比べて、内定をゲットできる確率があがります。

全て無料ですし、僕も使っていて良かったエージェントも紹介します

おすすめ転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。非公開求人もたくさんあります(経験談)

まとめ

第二新卒でITエンジニアとして、転職するには、会社を辞めないポテンシャルがあると採用担当者に思わせることが大事になります。

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。