転職サイト選びに迷ったとき

リクルートエージェントの電話の面談の感想!けっこう楽しかった!

こんにちは、3回転職している、しいたけです。

転職エージェントを利用しようと思っている人けど、、、

面談で何を話すか分からないし、緊張するからイヤだなって思う方。

3回転職エージェントを利用して転職した僕が、面談で何をするのか、どんなことを話すのかをお伝えします!

これを読んでもらえれば不安が減ります!

これは【リクルートエージェント】に登録した後、送られてくるメールです。

僕が利用した時に送られてきたもの。

雑ですが、名前は消してあります(笑)

dodaなどの他の転職エージェントでも、このような面談のメールが届きます。

このメールが届いた後、返信するか、電話が来て、面談の日程調整を行います。

僕は転職エージェントの対面と電話面談の両方を経験しましたが、ここでは電話で面談した時のやり取りを書いていきます。

ただ、対面も電話も話す内容は同じです!

転職エージェントと面談をしてみた感想

いきなり感想から入りますが、転職エージェントと話すのは楽しかったです(笑)

楽しかった理由は、転職について前向きな会話ができ、アドバイスしてもらえるので「転職」悩みが減るからです。

あとは、、、単にエージェントとの雑談が楽しかったからです。(笑)

転職活動をしていた方は分かると思いますが、転職に関する話を相談できる相手は、あまりいませんよね。

会社の同僚には話せませんし、両親に話すと重く捉えられ、「今のところで頑張ってみたらどうか」など言われます。

なので、常にモヤモヤした状態。転職エージェントならストレートに自分の考えを聞いてくれますし、求人の提案もしてくれます。(それが仕事だからですが、、)

転職エージェントの仕事は斡旋なので微妙な会社の紹介もしてくれますが、そこは自分で口コミサイトなどを調べて判断できればブラックな会社に転職するリスクも減ります。

ちょっとお節介だけど、いろいろ相談できる知り合いと思えば上手くいきます!

先ほども書きましたが「微妙な求人」もススメてくるので、鵜呑みにせずしっかりと自分で調べることが大事です!

転職エージェントの面談で何をするのか?

では、具体的に面談で何をするのかを詳しく説明してきます。

面談時間は1時間ほどで、対面 or 電話で面談で、以下のことについて話します。

  • 経験やスキル、転職の目的などのヒアリング
  • 求人の紹介
  • 転職やキャリアに関する相談
  • 転職市場に関する情報提供

事前にWeb履歴書の入力と職務経歴書のアップロードが済んでいると求人の紹介やキャリアプランの相談などがスムーズに進むのでやっておいた方がいいです。

最初は経験やスキル、転職の目的などのヒアリングを行います

まず、日程調整をした時間になると、転職エージェントから電話がかかってきます。

電話がかかってくるときは可能ならノートパソコンとかでインターネットができる環境を用意しといたほうがいいです。

提案してもらえる求人を見ながら話ができるからです。

時間になると、早速、電話がかかってきて、簡単な挨拶と会話してからヒアリングが行われます。

なんで転職を希望するのか、今までにどんなことを経験してきたのか、持っている資格などを聞かれます。

僕の場合ですが、転職の面談では転職の理由とスキルを話しました。

今の会社に居ると上流工程が経験できなくて、ずっとプログラミングばっかりになってしまうので、転職して状況を変えたいとかです。

スキルについては、得意な工程や言語、管理の経験などを話しました。

スキルや経験をもとに自分に合った求人の紹介

ヒアリングが終わると経験、スキルなどから、その場で紹介できる求人をエージェントが紹介してくれます。

既に履歴書や職務経歴書が完成していれば応募もできます。

ただ、紹介してくれる求人ですが人柄などはあまり考慮されないです。

この会社の社風と合いそうだから応募してみませんか?とかを言ってもらったことはありません。。(会って1時間じゃ分かりませんよね。。。)

あくまでも今までの経験とスキルから判断して行けそうな範囲の会社を紹介してくれます。

紹介してくれる会社の中で自分が希望する会社がない場合、自分が気になる会社があればエージェントに伝えてみると良いです。

求人があれば、教えてくれますし、あってもスキルが足りないなどの理由があれば、エージェントが教えてくれます。

何度も書きますが、紹介してくれる求人の中には微妙なな企業も含まれていますので、ご注意ください。

転職やキャリアに関する相談できます

転職やキャリアの相談ですが、僕は自分の転職の時は「派遣は嫌で自社開発で上流工程をやりたい」「パワハラ上司が嫌で別の会社に行きたい」など相談しました。

僕は2社を並行して転職エージェントを利用していました。

パワハラ上司の不満を面接で言ってもいいのかを2社のエージェントに聞いてみたところ、、

リクナビエージェントではストレートに言わない方がいいですよ。もし言うなら、改善活動をしようとしても聞く耳を持たないと言った言い方の方がいいです。

もう一社の転職エージェントでは言った方がいいですよ。入社した後に間違いだったと思うことが少なくなるので。

逆のことを言われたので笑ってしまいましたが、結局のところ、正しい答えは存在しないのです。自分で納得する方を選ぶしかないのです。

ちなみに僕は前者の方を選びました。

最近のトレンドや転職市場に関する情報を教えてくれます

転職市場に関する情報はエージェントの方が多く知っているので聞いた方が良いです。

売り手市場なのか、買い手市場なのか、どういう人物を企業が求めているのかは常にアンテナを張っているエージェントの方が詳しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?転職エージェントとの面談のイメージがつかめたでしょうか?これから転職を始める方に役が立っていれば!

僕が利用した「リクルートエージェント」は以下より登録できます!

エンジニアの方ならdodaも求人数が多くて良かったです。こちらの転職エージェントも利用しましたがサービス内容は「リクナビエージェント」と同じです。

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手もいないし、転職のことを話せる人は少ない。

そんなとき気軽に相談できる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

転職に詳しく、無料で色々きけます。キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローと幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動でエージェントを使って内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

悩んでいることをざっくばらんに話せますし、どうすればいいのかもサポートしてくれます。そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかった。(経験談)

リクルートエージェント

キャリアアドバイザーの方が分からないことを丁寧に教えてくれるので、はじめての転職でも安心して進められます。(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。