すぐに使える面接ノウハウ

【WEB系へ転職】1年未満の転職で困った質問をされた時の答え方

こんにちは、転職経験が3回のしいたけです。

無職の期間があったり、未経験の応募だったりで困ってしまう質問されることはありますよね。なんて答えて良いか悩むことも多いと思います。

僕も3社目から4社目の転職の際に3社目の所属期間が8か月と短かったため、回答に困ることが多かったです。

今、所属しているWEB系の会社での面接のときも執拗に聞かれました。

そうですよね。。入ってすぐに辞められたら企業側は困りますから。

では、面接官に辞めないと思われるために、説得力のある回答をするためにはどうしたらよいか?

その答えは、「イエス・バット法」という回答の方法を使うことです!

この方法を知っていれば、困ってしまう質問も上手に返して面接官に好印象を与えることができます。

具体的な説明をしていきます。

困った質問を好印象に変えるイエス・バット法とは

相手の言い分を認めた後で、否定に持っていく手法です。

一度、相手の意見を肯定するので悪い印象を与えないのが特徴です。

営業トークのスキルのひとつで、相手の言い分を一度認めた後で、否定にもっていく手法の事。ただ単に相手を否定する意見だけでは悪い印象を与えかねないため、「おっしゃるとおりです。しかしながら、○○という考え方もないでしょうか?」などの遠まわしの表現で自身の言い分を伝える。反対に、相手の言い分を一度否定をしてから代替案を提案することで相手の要求を満たす手法をノー・バット方という。たとえば、「難しいと思います。しかしながら、○○でしたらご対応させていただきます。」のような使い方である。

引用元:https://biz-trend.jp/kenshu/words/yesbut/

 

困った質問をされた時の具体例

以下、イエス・バット法の具体例です。

一度相手の意見を受け入れることで、否定も弱まり悪い印象もなくなります。

例:求職者にITエンジニアの経験がなく面接官から「未経験だけど大丈夫なの?」と質問された場合の回答です。

おっしゃる通り、未経験の応募です。しかし、私が今まで培ってきた製造業の業務知識はシステムに活かせますし、技術で足りないところはウェブカツでプログラム等の勉強もしています。また、VPS環境にLAPM環境を作りブログの運営もできています。・・・

例:求職者が1年間定職についてなく面接官から「1年間ブランクがありますが、長くないですか?」と質問された場合の回答です。

確かに、定職についてない期間が長いです。ただ、遊んでいた訳ではなく、転職活動をしていましたし、知識やスキルを磨いておりました。各種のセミナーや通信講座を受け、プロジェクトマネジメントの資格も取得しております。

困った質問をされた時の僕の体験談

僕の体験談ですが、3社目の所属年数が1年未満の転職だったため、応募企業から「今の会社は1年経ってないけど、うちで続けられますか?」といった質問を受けることが多かったです。

イエス・バット法を知らないときは、以下のように回答していました。

この回答の時は意見を否定された面接官は心なしかムッとして納得していない様子でした。

いや、大丈夫です。過去の会社では5年以上勤められているので御社でも長く務められると考えています。今の会社は開発業務ができないので転職するなら早い方がいいと思い活動を始めました。

イエス・バット法を知ってからは以下のように答えるようにしています。

おっしゃる通り、短いと思っています。ただ、今の会社ですと開発業務ができないので転職するなら早い方がいいと思い活動を始めました。過去では5年以上務めているので御社でも長く務められると考えています。

この回答だと、面接官の反応が良く「そうですよね。過去に長く務めているから大丈夫ですよね」と言っていれる方もいました。

まとめ

面接で困った質問をされた時の回答方法を紹介しました。

面接の通過率を上げるためには、面接官に好印象をもってもらうことが大事です!

あと、もう一つ大事なこととしては、応募する会社が1年未満の応募者などの不安要素がある人材を受け入れてくれるところかどうか。。。

これも大事です。

それには企業の情報を持っている転職エージェントのサポートが必要になります。

キャリアアドバイザーに聞くことで、そもそも所属期間が短い人材も取ってくれる会社か分かります。

IT特化した転職エージェントのレバテックキャリアは年間3000回超える企業訪問をして情報を収集していますし、マイナビエージェントは企業と太いパイプを持っています。

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。