ニュース

対面での面接がなくなる!?ウェブ面接の今後と必要な対策は!?

こんにち、転職3回、WEBエンジニアのしいたけです。

最近、採用面接がウェブ面接と対面ではなくパソコンやスマホを通して面接を行うことが多くなっています。

ウェブ面接は、Web面接、オンライン面接、オンライン採用と色々な呼ばれ方をしています。この記事では同じ意味で使っています。

転職活動を進めている方は、ウェブ面接で受けている方も増えてきているのではないでしょうか。

そして、なかなか選考が通らないと感じている人も多いのではないでしょうか。

採用面接といえば、「会社にいって採用担当者と対面で面接する」。

というのが一般的でした。

ただ、新型コロナの影響で、ウェブ面接の需要が増えていて、今では7割の企業がオンライン面接を検討・導入しています。

対面で面接ができないための一時しのぎかと思いましたが、導入した企業の66%がメリットが大きいという反応

今後もオンライン面接が主流となると思い、面接の必勝法を説明していきます。

また、オンライン面接の導入の背景も併せてお伝えします。

企業のオンライン面接が増えている

出典:ビズリーチ

採用活動のオンライン化している、または検討中の企業が7割。

多くの企業でオンライン化が進んでいます。

出典:ビズリーチ

オンライン化の背景は、図で見てわかるように2020年3月以降から、グンと上がっています。

もちろん、新型コロナの影響です。

出典:ビズリーチ

新型コロナの問題なら、終息していけば従来の対面の面接の戻ると思います。

ただ、66%の企業がメリットを感じているという情報が上がっています。

その理由としては以下のように面接の機会が増え、工数削減、スピードUP、面接の敷居を下げられたことが大きいようです。

遠方の候補者との接点が増えた66%
面接等の工数削減・選考のスピード向上につながった48%
候補者と気軽に接点を持つことができた43%
オンラインならではの採用コンテンツ設計・コミュニケーションができた17%
候補者の管理がしやすくなった15%
面接官のフィードバックが管理・共有しやすくなった15%
その他6%

出典:ビズリーチ

一時しのぎとして、ウェブ面接が増えてきたかと思いましたが、ウェブ面接が主流となる可能性が高くなりつつあります!

ウェブ面接の必勝法

では、どのようにして面接対策をしたいいのか?

  • ウェブ面接に慣れる
  • 面接の環境を整える
  • ウェブ面接の相手は誰かを知る

ウェブ面接に慣れる

これが一番重要です。

ウェブ面接が通過できないのは能力がないからではなく、慣れていないからです。

zoomなどのWEB会議を経験した方ならわかると思いますが、はじめはコミュニケーションがとりずらいと感じた方が多いと思います。

相手と自分の間にカーテンで仕切られているような感じ。

僕もはじめは慣れませんでした。

ただ、何度か重ねるごとに慣れてきてコミュニケーションがスムーズになります。

そして、面接会場ではなく自分の慣れた場所で面接を受けられるのでリラックスして望めるようになります。

ですので、慣れることが大事です。

練習方法としては、zoomなどのアプリを使って知り合いと面接の練習をするのがベストです。

zoomは以下からダウンロードできます。もちろん、無料。

 

対面相手を探すのが難しい方は、zoomで自分だけの「マイ個人ミーティング」というので自分だけのミーティングができます。

想定した質問を用意して、自分が回答し、録画(record)をする。

これで自分の良い点、悪い点を見つけることができます。

面接する環境にもよりますが、画面共有がおこなうことができれば、プレゼンをすることも可能です。

今までの経歴やプログラムで作ったものを説明することもでき、対面よりも正確に自分のことを伝えられると思います。

面接の環境を整える

ウェブ面接はインターネットができる環境でないと行えません。

そこで大事になるのが、回線速度です。

面接は、できる回線速度が良いところで受けてください。

回線速度が遅いと音声と画像のタイムラグがでたり、音声が途切れ途切れになり、コミュニケーションが取れません。

それだけで、評価が下がってしまう可能性があります。

なので、回線速度が良いところは家のWifi環境が良いと思います。

そして、スマホよりもパソコン。

イヤホンを使うと相手の声が正確に聞こえるのでオススメです。

ウェブ面接の相手は誰かを知る

出典:ビズリーチ

どのタイミングでウェブ面接になるか?

ですが、今は全ての面接というよりも、一部の面接がオンラインとなっているようです。

まとめ

今後は対面での面接が減っていき、ウェブ面接が増える可能性が高いです。

なので、転職を考えている人はウェブ面接に慣れておく必要があります。

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。