プログラミング

プログラミング未経験者が始めるPython入門(インストール編)

この記事では、「Python」を動かすための環境を作る方法を紹介します。

IT未経験者だけどプログラマーに転職したいと考えている人の手助けができればと考えています。

[本サイトのポイント]

  • 「分かりやすさ」を重視。初心者の方でも理解しやすくしています
  • 「現役エンジニア」が書いているので実践でも使えます

 

この記事を読んでいただければ、ご自身のパソコンに「python」を動かす環境が出来上がります。料理で例えるなら包丁などの調理器具と食材の準備ができた状態にあたります。あとはレシピを覚えて料理するだけです。z

「python」のプログラムを動かす環境を作り方を説明をした後、「Visual Studio Code」というソースコードエディタ(プログラマがプログラムのソースコードを編集することを目的として設計されたテキストエディタ)のインストール方法を説明します。

ちなみに、説明する環境は「windows」です。

僕が「Mac」を持っていないのと、「Linux」だとハードルが高いと思ったからです。

システム開発の現場では、開発環境も本番環境と同じ環境で動かすのが望ましいので「Windows」ではなく「Linux」に「Python」をインストールして開発しています。

環境を作るためには以下を行っていきます。

  • pythonのインストールと環境設定
  • Visual Studio Codeのインストールと環境設定

Pythonのインストール

Pythonのプログラムを動かすためには「Python」をインストールする必要があります。パッケージは以下に置いてありますのでダウンロードが必要です。

具体的な手順は以下を読んでいただくと分かりやすいです。

ちなみに「パッケージ」とは、量販店などで記憶メディアに記録され、包装された(packaged)状態で販売されているソフトウェアの総称です。ゲオとかで売っているニンテンドースイッチのソフトをイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。

インストールが完了するとパソコンでPythonのプログラムを動かすことができます。

コマンドプロンプト(Windowsシステムツールにあります)を起動して「python」と入力すると以下のように表示されます。これでインストールは完了です。

C:\>python
Python 3.7.3 (v3.7.3:ef4ec6ed12, Mar 25 2019, 22:22:05) [MSC v.1916 64 bit (AMD64)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.

コマンドプロンプト上で「>>>」と表示されていると思いますので簡単なプログラムを書いてみましょう。

print(‘hello world’)と入力してみてください。

以下のように出力されます。

>>> print('hello world')
hello world

修了するにはexit()と入力するかctrl+Zのキーを押してください。

Visual Studio Codeのインストールと環境設定

コマンドプロンプト上で動かすのもいいのですが、、、これだと効率がメチャメチャ悪いです。

では、どうしたらよいかですが。。。

「Visual Studio Code」というソースコードエディタを使います。僕も現場でもプライベートでもこのエディタを利用していますがメチャメチャ便利です。

軽量ですし、色々なエクステンション(拡張機能)が用意されていて開発を効率化できます。開発に掛かる工数がグッと減ります。

プログラムの書き方が間違ってたら、ミスを教えてくれたり、デバッグしたりと便利な機能が沢山用意されています。

同じようなソースエディタ「Atom」がありますが、こちらは動作が少し重く感じたので、僕は「Visual Studio Code」を使っています。

前置きが長くなりましたが、以下のサイトからパッケージをダウンロードしてインストールします。

「VSCodeUserSetup-x64-X.XX.X.exe」のようなexeファイルがダウンロードされますので実行してください。

インストールは気にする点は無く、「同意する」にした後、次へと進めばインストールが完了します。

インストールが完了した後、「Visual Studio Code」というアプリケーションが追加されていますので、開いてみましょう。

開くと以下のようのなアプリケーションが起動するはずです。

この状態だと、「英語」で書かれているので使いにくい、「Python」が動きません(ターミナルを使えば動きますが、、)

なので、以下のエクステンション(拡張機能)をインストールして快適にしましょう。

  • Japanese Language Pack for Visual Studio Code
    • 日本語化
  • Python
    • IntelliSense、リンティング、デバッグ、コードナビゲーション、コードフォーマッティング、Jupyterノートブックのサポート、リファクタリングなどの機能など

「Visual Studio Code」上で「Crtl + Shift + x」でエクステンションの画面が開きますので、「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」と「Python」と入力してインストールしましょう。

インストール後にエディタ上に以下のプログラムを書いて、「F5」を押せば画面下のターミナルのエリアに結果が表示されます

print("hello!world!")
hello!world!
PS C:\test>

これで「Visual Studio Code」の設定は完了です。他にも拡張機能はたくさんありますが、必要最低限のものを紹介しました。

まとめ

いかがでしょうか。「Python」と「Visual Studio Code」のダウンロードとインストール方法は理解できましたでしょうか?これで「Python」を開発できる準備ができました。

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしています。3回の転職経験をもっています。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。