ニュース

「スカウト」型の新卒採用が増えてきていることを知っていますか?

就職活動で「スカウト」型の新卒採用が広がっていることを知っていますか?

従来の新卒採用は学生が希望の会社を探して応募するスタイル。最近は就職支援の会社が有望な学生に対してスカウトするそうです。日本マイクロソフトや資生堂、日産自動車など大手企業も始めています。

以下、情報元の日本経済新聞の記事です。

企業がこれと見込んだ学生に接触して応募を促す「スカウト」型の新卒採用が広がってきた。従来は知名度の低い中小企業が利用を進めていたが、創造性やIT(情報技術)能力にたけた学生の獲得を狙い大手でも導入が相次ぐ。この流れを受け、企業が学生を探す専用サービスを提供する新興企業も増加の傾向だ。人口減で売り手市場が続く新卒採用。伝統的な一括型は見直しを迫られつつある。

引用:日本経済新聞の記事

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52915080T01C19A2TJ1000/

では、なぜ、大手企業も「スカウト」型の新卒採用を始めたのでしょうか?また、「スカウト」型の新卒採用が増えて転職の応募者と違って「実績」がない学生が何を基準に「スカウト」されるのでしょうか?

「スカウト」型のサービスが広まっている背景、サービス内容、学生はどういうことをしたら良いのかを解説していきます。

「スカウト」型のサービスが広まっている理由

今は会社のネームバリューだけでは人は集まりません。大手も積極的に良い人材を探さないといけない状況。昔は知名度があれば、良い人材が集まってましたがなかなか集まらないです。

僕の会社も上場してますが人が集まらない状況です。

また、知名度の高い会社は知名度が高いがゆえの問題もあります。企業の持っているイメージに合う人が集まってしまっています。

銀行の場合ですと堅い企業イメージがあり、保守的な人材ばかりが集まってしまうなど偏りがでています。

どんなサービス

OfferBox(オファーボックス)を例に解説します。

学生はOfferBoxに登録して「プロフィール」を書き貸す。書いた内容を読んだ企業が会ってみたいと思えば、企業からオファーが届き、選考が始まります。

スカウト型の採用サービスを導入する企業が増えてきており、オファーボックスの利用企業数は19年10月に5400社。17年10月と比べて1・6倍に増えています。また、人材サービス大手のエン・ジャパンが手がける「アイルーツ」も同期間に3倍、理系学生に特化したスカウトサービス「ラボベース」も5倍と、いずれのサービスも導入企業数を伸ばしています。

今後、学生がやるべきこと

学生がやらなければならないことは学生時代に色々な経験をして「自分を磨く」ことです。

バイトや企業、留学など何でもいいと思いますが、調整して何を得て、何ができるようになったのか。起業したことで、会社の作り方と回すことの難しさを学ばび、この経験を経営戦略部で生かせるや。留学の経験から色々な人種とコミュニケーションを取りながら活動できるなどです。

なので、学生時代に「なにもしない」を選択した学生にはキツい時代です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「スカウト」型の新卒採用が増えてきています。学生は勉強以外にも色々なことを経験して「自分を磨く」必要があります。

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。