仕事の悩み解決方法

パワハラでうつ病になる前に転職するには?【IT業界へGO】

職場でパワハラを受けていてうつ病になりそう。そうなる前に転職したいけどどうしたらいいの?どんな職場がいいのかな?

そんな悩みを解決できる記事になっています。

上司からの嫌がらせ、暴言などパワハラは精神的にかなり堪えますよね。

ずっと言われていると、自分が悪いんだと思ってしまうことがあります。

でも、それは勘違いです。

悪いのは自分ではなく、上司です!

うつ病になる前にて転職しましょう。

具体的な説明はこのあと説明していきます。

パワハラでうつ病になる前に転職するには?

転職するには、

  1. 転職先をみつける
  2. 退職する

を行う必要があります。

転職先を見つけるには転職サイト・エージェントに登録して活動をはじめても1~2か月ほどかかります。

なかなか決まらない場合は半年以上かかることもあります

転職が決まってから勤めている会社を辞めるには、引継ぎもあるので1~2か月ほどかかります。

転職にかかる期間はトータルで2か月~1年ほどかかることになりますね。

このことを頭にいれて転職活動を始めましょう。

働きながら転職先をみつける

パワハラを受けて、精神的にきつい中の転職活動になるので、一番しんどいです。

正直、すぐに辞めたいのに働き続けると転職先が決まる前にうつ病になってしまいますよね。

そうならないための3つの方法を紹介します。

自分の印象を変えてパワハラを受けないようにする

この方法はパワハラのダメージを軽減させながら転職活動をする方法です。

セルフプレゼンテーションという方法をつかって、相手が持っている自分のイメージを意図的に変えます。

具体的には、自分の印象を変えて、相手の行動を変えます

いじめられっ子がいじめっ子に反撃をしたらいじめられなくなったということがありますよね。

その時、いじめっ子はいじめられっ子を「弱い人」とみています。

反撃したことで「弱い人」+「抵抗してくる厄介や奴」とイメージを変えます。

このセルフプレゼンテーションを行い、上司からパワハラを受けないようにします。

休職して転職活動をする

自分を変えてもどうにもならないことがあります。

その時は休職をして転職活動をすることです。

休職するには、心療内科などに行って、診断書をもらう必要があります。

診断書を会社に提出すると休職することができます。

転職活動をするのに十分な時間を確保できますし、保険組合から休職手当もあるのでお金の心配も減ります。

ただし、注意することは長く休職してしまうと、転職先に休職していることを伝えないといけないので転職活動が不利になります。

1、2か月で転職先を決める必要があります。

会社を辞めて転職活動をする

うつ病になってしまうと、完全にもとに戻るのも難しいですし、治療にも時間がかかります。

なので、会社を辞めてしまうのも大事です。

会社を辞めている期間が長くなると転職が決まりにくくなるので、こちらも短期勝負です。

転職先はどこがいいのか?

僕はIT業界で働いているので、IT業界ならどこがいいのか分かります。

僕がオススメするのはWEB業界の自社サービスを持っている会社です。

以下の記事で具体的な会社など紹介しているので参考にしてください。

Web業界で働きやすいのはどんな企業?【自社サービスが最強です】 そんな悩みを解決できる記事になっています。 結論から言うと、自社サービスを持っている企業が働きやすい会社です。 理由...

もし、IT業界で働いたことがない場合、以下に未経験者でWEB業界で働く方法を紹介しているので参考にしてください。

Web業界に未経験で転職するための方法とは?【悩むよりも行動する】 そんな悩みを解決できる記事になっています。 結論から言うと、未経験でもWeb業界に転職して働くことができます。 理由...

僕がオススメするのは以下の転職サイト・エージェントです。

WEB系の求人を専門としている転職エージェント、僕が実際に転職活動した時に使った転職サイト・エージェントです!

Web業界で転職するのにオススメな転職エージェント

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなのでマッチする確率は高いです。

doda(デューダ)

とにかくWeb系の求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。Web系の案件もたくさんあります(経験談)

勤め先に退職を伝えて、退職する

転職先が決まれば、退職です。

直属の上司に「一身上の理由で、会社を退職します」と伝えればOKです。

色々話すと慰留をされたりしますが、曲げずに退職しましょう。

もし、退職をまともに聞いてもらえない場合も今は退職代行サービスもあるので心配は不要です。

まとめ

パワハラを受けているときはムリをしないで、次の働き先を考えるのが健全で一番良いです。

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。