情報処理サービス業界

【徹底解説】東京海上日動システムズってどんな会社?採用されるための転職情報

ユーザ系Sierで待遇がいい会社ってないかな?

と思う方は、転職先の候補として挙がる「東京海上日動システムズ」をオススメします。

大手企業の子会社という安定とグループ会社の情報システムの企画・提案・設計・開発・保守・運用がメインなので、腰を据えて仕事ができます。

ただ、具体的にどんなことをしている会社なのか?応募はどこからできるのか?等々しらないと転職はうまくいきません。

この記事では、東京海上日動システムズがどんな会社でどこから応募できるのかを解説していきます。

応募者の内定率があがればと思っています。

東京海上日動システムズの転職のポイント

僕が色々なサイトを読んで感じたことからポイントなるところを紹介します。

東京海上日動システムズはITの専門家として東京海上グループのIT戦略の策定から実装までを行っている会社です。

具体的には東京海上日動火災保険、東京海上日動あんしん生命保険等、東京海上グループの情報システムの企画・提案・設計・開発・保守・運用を行っています。

ユーザ系のSierで年収や福利厚生も良く、昔から人気のある会社です。

転職のポイントをまとめると

  • 年収は他のSierに比べて高め
  • 休暇や働き方の福利厚生が良い
  • 業務システムがメイン
  • グループ会社の内販率100%で仕事は安定

といった感じになります。

ワークライフバランスが良い会社を求めている人には最適な会社だと思います。

東京海上日動システムズの年収はどれくらい?

上場している会社ではないので正確な年収は分かりませんが、OpenWorkや転職会議などの書き込みをみると30代前半で600万ほどです。

親会社の東京海上ホールディングス41.8歳816万円となっています。

東京海上日動システムズはどんな職種があるのか?

職種としては、セキュリティエンジニアアプリケーションエンジニアサーバエンジニアを募集しています。

東京海上グループの情報システム部との位置づけのため、グループ企業向けのサービスを開発を行います。

グループ会社の要望(どんなシステムが欲しいのか?)をヒアリング、または、企画して提案してシステム化を行っていくことが仕事になります。

僕もユーザ系Sierで働いていたことがありますが、顧客(グループ会社の担当者)はシステムに詳しくない人が多いので、初心者にも分かるように伝える力が必要です。

業務システムがメインの会社なのでECサイトのようなBtoCの開発は少なそうです。また、開発工程も上流工程がメインなので下流工程のプログラミングは少ない可能性があります。

東京海上日動システムズはどんな人物をほしがっているのか?

以下が東京海上日動システムズのホームページに書かれている「欲しい人材」です。

既存の概念に囚われず、変革をリードできる人材が、当社が欲しい人材です。

具体的に変革をリードできる人材とは、

  1. 自らが「変える」という強い想いを持って、新しいフィールドにチャレンジ出来る。
  2. 様々な事柄にアンテナを張って、感性豊かにお客様のニーズなどを感じ取るとことが出来る。
  3. 考え方や文化・国籍などの多様性を理解し、幅広い視点で物事を考えることが出来る。

などが代表的な例ですが、変化の激しい時代には、多様な人材がいる事が会社の最大の強みであり、求める人材もひとつではありません。得意なことや深く興味を持っていることが一つでもあれば良いと考えています。

必要なのは「グループ会社と円滑にコミュニケーションを取れる能力」「システム視点の提案力」です。

グループ会社の担当者はシステムについて詳しくない方が多いため、リードしてあげられる人が必要なためです。

東京海上日動システムズはどんな会社?

東京海上日動システムズは東京海上グループの情報システム部の位置づけとなっています。

ですので、東京海上グループのシステムを開発・運用するのが業務となります。

内販率100%なので「グループ会社以外」にシステムを構築することはありません。

事業内容東京海上日動火災保険、東京海上日動あんしん生命保険等、東京海上グループの情報システムの企画・提案・設計・開発・保守・運用
設立1983年9月
資本金5,000万円
従業員数1,355名(男性932名、女性423名) (2018年4月1日現在)
売上高181億3,500万円(2018年3月期)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「東京海上日動システムズ」のイメージが湧きましたでしょうか?参考にして転職活動を進めてもらえたら幸いです。

求人はパソナキャリアに掲載されていますので、期限前に応募してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。