第二新卒

【未経験可・第二新卒OK】WEB面接ができるヤフー株式会社に今すぐ応募!

分からないことを調べるときに使う検索エンジンの「Yahoo!JAPAN」を知らない日本人は少ないと思います。

ニュース、天気、路線、ショッピング、オークションと100以上のサービスも展開しています。

この「Yahoo!JAPAN」を運営している「ヤフー株式会社」はいろいろなサービスを展開し、ネームバリューもあり、就職・転職でも人気があります。

就職活動したとき、受けたけど落ちてしまった!

ヤフーに興味があって転職してみたい!

という人に30歳以下の第二新卒、未経験者を対象にポテンシャルを重視の採用枠があるということを知ったので紹介します。

ヤフー株式会社で働きたい人、以前受けたけど落ちてしまった人にとっては「チャンス」ですので是非!

ちなみに応募を考えている方は「ヤフー株式会社」の会社のホームページから行えますが、転職エージェントのdodaでもヤフーの求人を取り扱っていました。

転職エージェントの方が面接の質問内容や職務経歴書のチェックなどしてくれるので、こちらから応募したほうが内定の確率が上がるでしょう。

ポテンシャル採用の求人とは?

出典:ヤフー

30歳以下の新卒・既卒・就業者を対象に通年で採用をしています。

そして、WEB面接が行えるのでコロナで転職活動ができない方、遠方の方でも受けることができます。

職種はエンジニア、デザイナー、ビジネスがあります。

※この記事では「エンジニア」を中心に説明してきます。

転職のポイントは?

僕が色々なサイトを読んで感じたことからポイントなるところを紹介します。これは僕の感想なので参考までに!

  • 研修プログラムが豊富で、未経験や第二新卒の非エンジニアでも不安は少ない
    • ITに弱かった大学の知り合いが社員をしていますが10年以上継続して働いています
  • 技術力の向上に関するサポートが手厚い(ハッカソンやセミナーの参加、技術活動費用補助12万円など)
  • 「どこでもオフィス」と働く場所を選ばなくてよい
  • 35.6歳で765万円と年収が高い

どんな会社?

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、Zホールディングス株式会社の完全子会社です。

ポータルサイトのYahoo! JAPANを運営しており、サイト内の広告、ブロードバンド関連の事業やネットオークション事業等を収益源としています。

規模が大きいにも関わらず、一人当たりの売上が7000万円以上で営業利益も一人当たり1500万円と高いです!

一人当たり売上が高いというのは、家計で言えば「給料がたくさん貰えている」ということ。

給料がたくさんあれば「人材の育成」など、人に投資できるお金が多く働きやすい環境になります。

以下、財務情報です(wiki参照)

資本金87億37百万円
(2018年3月31日現在)
売上高連結:8,971億85百万円
(2018年3月期)
営業利益連結:1,858億10百万円
(2018年3月期)
純利益連結:1,311億53百万円
(2018年3月期)
純資産連結:1兆1,218億87百万円
(2018年3月31日現在)
総資産連結:2兆5,166億33百万円
(2018年3月31日現在)
従業員数連結:12,244名 単独:6,330名
(2018年3月31日現在)

働く環境について

ヤフーの働く環境について紹介します。

年収

2019年では35.6歳765万円と高いです。

職種や研修について

ヤフーのエンジニアは、ソフトウエア開発から、インフラの構築、ユーザー行動の分析のようなデータサイエンス領域まで、非常に幅広い技術領域を担当します。

また、Yahoo! JAPANのサービスは100を超え、そのほとんどを社内で開発しているため、業務の種類には、サービス実現のための企画立案から研究開発、運用まで、さまざまなものがあります。

未経験や第二新卒の場合は分からないことが多いかと思いますが、ヤフーの技術研修は手厚いので不安になる必要ないと思います。

入社時には技術研修があり、定期研修や「HACK Day」などのハッカソン、Techセミナー、合宿などあります。

これらについて面白そうと思う気持ちがあれば問題ないと思います!逆に新しい技術を学ぶ機会を面倒と感じるのならば辞めた方が良いです。

理由は「エンジニア」は常に新しい技術を学んでいく必要のある職種だからです。

まとめ

「ヤフー株式会社」のイメージが湧きましたでしょうか?参考にして転職活動を進めてもらえたら幸いです。

今回は未経験や第二新卒のエンジニアの紹介をしましたが、こちらも参考に!

 

ABOUT ME
しいたけ
しいたけ
3回の転職経験をもっている都内の上場企業で自社開発をしている医療系のWEBエンジニアです。IT業界で14年以上働き、仕事は主に「転職サイト」の保守・運用などしていますし、転職の知識、経験は豊富です。
ちょっと雑談です

転職活動をしているとき、孤独に感じることが多いですよね。

相談できる相手も少ないし、気兼ねなく転職のことを話せる人は少ない

そんなときに転職のことを気兼ねなく話せる人がいます。

それは、、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリア相談以外にも応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれます。

僕も3回の転職活動で利用し、内定をもらえました。

キャリアアドバイザーが合わなかったらどうするの?

担当を変更することも、停止することも簡単にできます。

例えば、dodaだとマイページから停止にするだけです。

 

以下は僕も使っていて良かったエージェント(全て無料です。

転職活動をしている人は参考にしてください!

おすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

とにかく求人が多いです!そして、キャリアアドバイザーの方も親切で転職活動が進めやすかったです。(経験談)

リクルートエージェント

はじめての転職でも安心して進められます。求人案件もたくさんあります(経験談)

レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスなので、ITエンジニアを希望する人におすすめです。

新型コロナウイルスの影響もありますが、オンラインカウンセリング電話相談もできますよ。